私にあるもの

使徒3:1-10節

メッセージの目的・促す行動

1:使徒3:1日々、主を礼拝する

2:使徒3:2必要を満たしてくださるのは神ご自身

3:使徒3:6私たちにあるものとは

Acts 3:1 ペテロとヨハネは、午後三時の祈りの時間に宮に上って行った。

Acts 3:2 すると、生まれつき足の不自由な人が運ばれて来た。この人は、宮に入る人たちから施しを求める ために、毎日「美しの門」と呼ばれる宮の門に置いてもらっていた。

Acts 3:3 彼は、ペテロとヨハネが宮に入ろうとするのを見て、施しを求めた。

Acts 3:4 ペテロは、ヨハネとともにその人を見つめて、「私たちを見なさい」と言った。

Acts 3:5 彼は何かもらえると期待して、二人に目を注いだ。

Acts 3:6 すると、ペテロは言った。「金銀は私にはない。しかし、私にあるものをあげよう。ナザレのイ エス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい。」

Acts 3:7 そして彼の右手を取って立たせた。するとたちまち、彼の足とくるぶしが強くなり、

Acts 3:8 躍り上がって立ち、歩き出した。そして、歩いたり飛び跳ねたりしながら、神を賛美しつつ二人と 一緒に宮に入って行った。

Acts 3:9 人々はみな、彼が歩きながら神を賛美しているのを見た。

Acts 3:10 そしてそれが、宮の美しの門のところで施しを求めて座っていた人だと分かると、彼の身に起 こったことに、ものも言えないほど驚いた。

結論:神のあなたへの恵は、まだ終わっていない 神を礼拝し、神中心に生きる

主は近くにおられ 、私たちの生活の細部まで気にかけてくださり、助けと導きを与えようとしている

神の導きは柔軟性に富み、大きな祝福を私たちに与える、 神は人を信頼しているのだろう

私たちは神に願うことが多く、 願い求めるものの中で、不必要なものを願っていることもある、 しかし神は祈りを聞かれ 、必要を満たし、助け手を送られる(ペテロ・ヨハネ)

そのような神を前にしながら、 主がともにおられることに、どれほど感謝をささげているのか、

いつの間にか、めぐみが当たり前になってしまい、心が枯渇していないだろうか、 主に従うことを忘れていないか、神以外のものに期待していないのか、

私たちは聖霊の宮であり、主がともにおられる、 しかし、私たちの内なる宮の中には何があるのか、 その中心に神はおられるのか、主の栄光が満ちているのか、

神に期待し続けなければ、内なる宮は暗くなり、 知らず知らずのうちに、様々なガラクタを置くことになるかもしれない

あなたは今どのような心境にあるのか、 人間関係で悩まされいるかもしれない、 あるいは健康面などで心の中を煩わされているかもしれない

あなたの身の周りで起こる、様々なことに心奪われているなら、 それらのことは主を求め礼拝することで解決する

なぜなら、あなたがどのような状態にあったとしても、 主は素晴らしい方であり、めぐみの上にさらに恵みを与えてくださるからだ、

あなたが神に期待するとき、主の時に必ず栄光を見させてくださる あなたの上に注がれる主のめぐみは、まだ終わっていない

足なえのように、主に満たされて、おどりあがり、 はねてしまうほどの喜びで満たされるだろう

Acts 3:1 ペテロとヨハネは、午後三時の祈りの時間に宮に上って行った。 習慣は大切

ユダヤ人は一日に3回朝9時・12時・15時と祈りの時間があった。 私たちは決められた時間や、場所はなく、好きな時に好きなだけ祈る事が出来る、 しかし、その自由な神との交わりには、私たちの強い意志が必要になってくる、

人は自由を尊ぶ、自由でありたいと思う、 大切な考えだしかし、自由には大きな責任が伴う なぜなら与えられている自由意志を用いて、神に喜ばれることを選択する必要があるからだ

私たちの気分は、体調や状況ですぐに変化する、 その時の心の状態、感情で神に祈るか祈らないかを決めてしまうことがある、

もし私たちの自由意志が暗に神との交わりを遠ざけるような基準であるなら、 それは不自由な歩みの入り口となる

神との交わりは日々必要なこと、 主は良い方であると、習慣的に想いを寄せる必要があるだろう

日々み言葉から聞き、み言葉に満たされることによって、 私たちのあゆみは清く神に喜ばれるものとなり、 神に喜ばれることにより、私たちの喜びと平安が増す

時として自分を奮い立たせてでも、日々神を礼拝することが必要

1Cor. 9:27 むしろ、私は自分のからだを打ちたたいて服従させます。 ほかの人に宣べ伝えておきながら、自分自身が失格者にならないようにするためです。

神への愛の現れは、神を慕い求め、礼拝すること あなたが神を喜ぶとき、神に目が向き、神が生きておられることをさらに見る

大切なことは主の栄光に目を向けることで、背を向けることではない あなたが主を仰げば、栄光に照らされていることに気づくだろう、

しかし、背を向けるなら、あなたは栄光に気付けないばかりか、 映し出される自分の暗い影を見つめ、踏みしめて歩むことになる

ペテロとヨハネは、1日のうちに、 3度の礼拝することで、主の喜びで満たされていた 実際彼らは1日に何度も、主を褒め称え、神に満たされていただろう

ペテロとヨハネのように、神を絶えず心の中心に置き、 礼拝中心の生活するならば、その恵みは計り知れない

あなたはのこころは何で満たされているのか おそれや孤独、怒りや、批判的な思い、 不平不満、もしくは、自分の成功、自分の栄光を求める思い、 で満たされているならば、影響を受け、次第に言動や行動に現れるだろう

Acts 3:2 すると、生まれつき足の不自由な人が運ばれて来た。 この人は、宮に入る人たちから施しを求めるために、毎日「美しの門」 と呼ばれる宮の門に置いてもらっていた

毎日、「美しの門」という宮の門の前に生まれつき足のきかない男が運ばれて来ていた 彼は生きるために、人に頭を下げ、「お恵みください...」とひたすら言い続ける

時にはいやな事を言われたり、汚いものを見る目で見られたこともあっただろう

また、彼は物乞いをするために、自分で宮の門まで自力で来る事が出来ない 誰かに運んでもらわなければいけないのだ

彼は生きるために、頭を下げ、必要最低限のもので生活していた、 最低限の人からの協力、 おこぼれのように注がれる最低限の愛で生きていたのかもしれない、

彼は自分の必要を、必死で求めた、 普通の人の何倍も一生懸命に行動しているように見える しかし、その努力はどれだけ報われていたのかと思う...

彼の様に最善を尽くすことは、悪いことではない、 しかし歯痒いのは人が努力しても、受けとる報酬は必ずしもイコールではないことだ、、

また、気をつけたいことは、自分の必要を求める熱心さが、 本当に求めるべき物を見失わせてしまうことである、

彼がいた場所は何処だっただろうか、宮の門なのだ

この足の不自由な男は、

日々、宮の門の前にはきたが、 宮の中におられる神に助けを求めることはなかった、 彼を助け、必要を満たしてくださる宮の中におられるのに...

あるいは初めのうちは神に祈り求めたが、 次第にその期待は薄れ 、希望がなくなったのかもしれない

あなたは今、何を求めているのか、そして、どこにいるのか 経済の必要、健康、幸せに生きることを求めているのか、 それとも、もっと人から理解してもらうこと、自分を受け入れられるようになることなのか、

ではなぜそれを求めるのか、

それを得ることによって平安があたえられ 、幸せになれると確信しているからだろう

しかし、本当に恵まれたいのなら、そのような門前ではなく、 全てのことを満たしてくださる神ご自身のところに行く必要がある

3節彼は、ペテロとヨハネが宮に入ろうとするのを見て、施しをもとめた。

そこへ、ペテロとヨハネが祈るために美しの門を通った、 二人が男の前を通ると、足のきかない男はいつものように施しを求めた。

大概の場合は無視して通り過ぎていく通行者の方が多かっただろう しかしペテロとヨハネは立ち止まって、男を見つめたのである

Acts 3:4 ペテロは、ヨハネとともにその人を見つめて、「私たちを見なさい」と言った。

二人は彼に目を注いだのである、(見つめた) この時、彼らが何を見ていたのか、わからない、おそらく男の表情の一つ一つから、 今までの苦悩や葛藤を読み取っていたのかもしれない、、

Acts 3:5 彼は何かもらえると期待して、二人に目を注いだ。

注ぐという表現は、彼の期待の表れだろう、、 「私達を見なさい」と言う言葉をかけられたのは始めでだったかもしれない、 なぜなら、こんな言葉をかける人物は金持ちか、相当な自信家に違いないからだ、 しかし、彼が目を注いだ相手は、貧乏そうな格好の2人の男ではないか、

Acts 3:6 すると、ペテロは言った。「金銀は私にはない。しかし、私にあるものをあげよう。 ナザレのイエス・キリス トの名によって立ち上がり、歩きなさい。」 これは、金銀は私達には何もない、私達にあるものをあげよう! 物乞いにとっては不思議な言葉であったでしょう。

キッパリと、金銀がないことを断言、、しかし私たちにあるものをあげようと宣言 不思議で痛快なやりとりではないだろうか、、

一介の無学の漁師、金銭のない貧乏人、しかし彼らには全てがあった ペテロとヨハネにあるものとはナザレのイエス、それが彼らの全て、 たったそれだけ...と思うかもしれない

しかしキリス トの土台から全てが与えられるのだ

この男は金銭や食べ物が欲しかったのだろう、 しかし、それだけでは根本的な抱える課題の解決にはならない、 あるいは歩けるようになることも、人が抱える心の課題の解決にはならないのだ

金持ちが皆幸せだろうか、歩ける人間が日々充実感に満たされているだろうか、 財産を多く持ち成功したことによって、人は本当に幸せになるのか、

神を慕い求めるからこそ、幸いなる方と繋がり、幸いが与えられるのだ 主があなたを癒し、主があなたに力を与え、主が平安をあなたに与える

ペテロとヨハネは、 イエスの全ての力と権威があなたを癒し、 神とともに生きる道、それをあげようと宣言したのだ

以前はペテロとヨハネも、 この男と同じで本当の必要に気づ いていない漁師だった しかし、キリス トが十字架で死に、復活し彼らを贖ったのだ キリス トが彼らを得られたのである

あなたも同じようにキリス トに得られた一人だ 十字架によって神と関係が壊れていたあなたのうちに、 キリス トが住まわれるようになった

あなたがここにいることは偶然ではない、 注がれる愛は最低限のものではない、 最大限の愛が注がれている、人の理解を大きく超えたものだ

神は命を捨て、あなたを得てくださった、 ご自身の命よりもあなたの命を価値あるものとされている

Acts 3:7 そして彼の右手を取って立たせた。するとたちまち、彼の足とくるぶしが強くなり、 Acts 3:8 躍り上がって立ち、歩き出した。そして、歩いたり飛び跳ねたりしながら、 神を賛美しつつ二人と一緒に宮に入って行った。

神はペテロとヨハネを彼のところにお遣わしになった...

飛び上がったり、歩いたり、 している彼の表情は最高のものであっただろう 強くなったのは、くるぶしだけではなかっただろう

彼はただ癒されて喜んでいるのではない

こころにはナザレのイエスがともにおられる確信が、彼を癒し力づけた キリス トが豊かにこころに満ち溢れたのだ

あなたが本当に変わりたければ、努力や頑張りでは限界がある 大胆な信仰に歩みたいのであれば、神を求めればいい、

人はより大きな祝福と恵みを目の前にしたなら、 古い生き方を簡単に捨てることができる、そして神の臨在と祝福を選び取る

彼は解決不可能と思っていた問題を解決された あなたも長年煩わされている事はないだろうか、 しかし、主に不可能はない

神はあらゆることを通して、あなたに祝福を与えることのできる方だ

あらゆる祝福と聞いて奇跡、劇的な変化、自己変革が与えられた!、、 それらの大きな出来事が心に浮かぶかもしれない しかし神は日常で力強く働かれる、

今朝目が覚めたこと、家族がいること、 友人がいること、空がきれいなこと、風が心地よいこと... それら全てが神からの祝福であり奇跡だ、日常の奇跡を忘れてはいけない、

あなたは日常の神の大きな働きに目を留め、感謝を捧げられるはずだ、 神に期待し、最後の1秒まで神を礼拝するものでありたい

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square